Interview

中央電力保安協会で活躍している技術者さんにインタビューを行いました。入会のきっかけや日頃の業務など、技術者さんの生の声を是非ご覧ください。

体力が続く限り地域のために貢献できる喜びを日々感じています。

Interview 01

佃技術者

入会日:2015.04.01
滋賀
エリア

入会のきっかけ

以前より電気管理技術者という仕事に興味はありましたが、既に電気主任技術者の免状を活かし技術者としての仕事を行っていたこともあり現職を辞めて転職することは考えていませんでした。
そんな時、中央電力保安協会に在籍中の先輩に技術者としての経験が活かせる魅力のある仕事だと勧められたのがきっかけで、やれるところまで頑張るつもりで入会しました。
定年制がなく、体力が続く限り仕事ができることも、転職の後押しとなりました。
今では、現代社会で決して欠かすことのできない電力インフラを守り、支える電気管理技術者の仕事にやりがいと責任を感じ日々業務を行っています。

日頃の業務

私たちは、電気管理技術者としてマンションやビル・工場等の電気設備の保安管理業務を行っています。
月次点検や年次点検は10~15日程度で終わり余裕を持って仕事ができます。年次点検は同じ地域の技術者が相互応援で行う体制となっていて、チームで地域の電気を守っています。
お客さまが安心して電気を使っていただけるように、また、事故が起きないように確かな目を持ちながら業務に取り組んでいます。

仕事とプライベートの両面で充実した時間を過ごせています。

Interview 02

武田技術者

入会日:2020.03.18
大阪
エリア

入会のきっかけ

技術力があれば時間的自由度が高く稼げる仕事と高校の恩師に教えてもらったことが電気管理技術者を目指すきっかけでした。
高校卒業後、ビル総合管理会社に入社。空調やポンプ・ボイラーなど電気設備全般の知識を身に着け、その後、中央電力ソリューションに入社しました。
中央電力ソリューションでは、難易度の高い試験業務の知識を身に着け、2020年4月に電気管理技術者としてデビューしました。

日頃の業務

47件の担当物件を持つほか、月20件程度の年次点検応援業務を行っています。
親子ほど年の離れた技術者が多く、私が応援に行くと非常に喜んでいただけるとともに、経験に基づく貴重な知識を教えていただいています。
お客さま、技術者仲間に感謝され、自身のスキルアップにつながる仕事は非常にやりがいがあり、また、電力インフラを守る業務に誇りを持ち取り組むことが出来ています。

社会と繋がる第2の人生をいきいきと働くことができています。

Interview 03

西川技術者

入会日:2020.12.25
和歌山
エリア

入会のきっかけ

私は38年間製油所に勤めており、電気に全く関係のない保全業務専門でした。
60歳前にたいした目的もなく電検3種、第一種電気工事士の免許を取得し、66歳の年に初めて太陽光発電の電気関連業務と言える仕事に就きました。
2019年3月新聞広告で初めて中央電力保安協会を知り説明会に参加しました。
その後、なんと72歳になる私を研修生として雇用して頂き、実務経験(現場研修、研修センター教育)を積み、今、電気管理技術者として中央電力保安協会に入会することができました。
関係者の皆様への感謝しながら、自己研鑽し、長く仕事を続けていきたいと思っています。

日頃の業務

業務は隔月の月次点検と年1回の年次点検があります。
私の担当しているお客さまは300kVA以下の比較的小さい電気設備なので、年次点検は応援技術者と2名で行っています。
特殊な試験が必要な竣工検査は、試験機を持った応援技術者に来ていただき2名ないし3名で行っています。
協会内の相互応援に加え中央電力ソリューションの社員応援があるため、安心して仕事ができています。
お客さまに電気を安心して使っていただくために、安全第一、あわてて作業せず、そして、設備をいつくしみながら点検保全をしていきたいと思っています。

説明会に参加する

関東の方はこちら

tel.03-6277-8409

関西の方はこちら

tel.072-970-5179

受付時間/9:30〜17:30
(土日・祝日及び年末年始を除く)

WEBでのお問い合わせ

ENTRY
ENTRY
矢印 TOP
CLOSE